株式基礎知識

個別株投資の失敗事例を公開。反省しFX自動売買投資に変えた理由。

個別株投資の失敗事例を公開

こんにちは、りん(@AutoinvestR)です。

「個別株投資はもうやらない」

一時的にそう誓うほどわたしは個別株への投資で失敗してきました。

大きな利益が欲しさに作戦なしにひとり戦場に飛び込み、ボロボロになって帰ってくることが多々ありました。

日本経済の成長率自体が低いため、国内株式に投資するのは玄人向けであるとよく言われています。

そんな中インデックス投資ではなく個別の株式への集中投資をするのは本当に様々な知識が必要だと思います。

知識を備えず突っ込んでしまったわたしの失敗事例とその後の反省・対応を共有させていただければと思います。

失敗事例1: 仮想通貨関連株

投資銘柄

リミックスポイント(2018年2月)

確定損益

▲約10万円(1,400→900円×200株)

経緯

これからは仮想通貨が来る、と世の中が沸いていた2017年末頃に投資しました。

しかし成長期待で株価があがる銘柄は、悪材料が何もなくても決算後はズルズルと下がっていきました。

期待以上の成長を達成するのは非常に難しいし、決算以外では株価上昇のネタがなく、浮上のきっかけが非常に少なかったです。

失敗事例2: 決算またぎチャレンジ

投資銘柄 レントラックス(2018年2月)

確定損益 ▲約4万円(930円→750円×200株)

経緯 業績が良さそうな会社がさらに上がることを期待して決算またぎでチャレンジしてしまいました。

決算結果は期待を下回るものであり、翌日は失望売りのストップ安となりました。

仕方なく即損切りしました。

失敗事例3:低位株の数円のメリットを狙って集中買い

投資銘柄  アライドホールディングス(250円→150円 ×1500株)

確定損益 ▲約15万円

経緯 いわゆる低位株の株価が変動したときにどうなるかを狙って突っ込んでしまいました。

わたしが投資した頃には不穏な空気が漂っていましたが、初心者のわたしは10円あがれば+5%という利幅だけしか頭にありませんでした。

結果こちらも決算が芳しくなく、その後株価は転落しました。

4つの反省点

反省点を4つまとめました。

  • 高い利率を狙って博打をしすぎていた。資本が少ないのに分散投資でリスクを散らすことをしませんでした。
  • テンバガー(10倍に上昇する株)は初心者にとって夢のまた夢だということを痛感しました。国内3600社ほどの上場企業のうちの10社程度しか10倍の上昇を示すことはなく、限られた時間で投資する人には向いていません。
  • 変動が大きい業界を狙ってしまったことも失敗です。また下がったところで狼狽売りするなど、流れに飲み込まれて感情的に悪手を打ってしまいました。
  • 株価が安い会社には安い理由があるということです。割安でたまたま放置されている明確な理由がなければ買うのは危険です。

その後の対処

反省を踏まえて次なる手として、以下の事を念頭に対象を決定しました。

反省を踏まえた投資のポイント
  • 国に投資して個別株へ投じるよりもリスクを分散したい
  • 忙しいし心が弱いので、感情を入れずに売買できる手法を確立したい
  • それでもやはり高い利回りは欲しい

という欲張りなことを考える中で上記ポイントを全て満たすFX自動売買投資(トライオートFX)に着目しました。
FXに方針転換してからは、こんなに失敗してきたわたしでも着実に月利3%程度で着実な運用が達成できています。

おすすめ記事

インヴァスト証券「トライオートFX」がおすすめです。投資信託のように簡単に選ぶだけで自動売買を構築できる手軽さと、自由に自分好みにカスタマイズできる楽しさを兼ね備えています。

以下の記事を参考にしてみて下さい。

トライオートFXの設定方法記事も読まれています。

高利回りが狙えるうえに、ほったらかし投資を実現できます。

【評判】トライオートFXは忙しいサラリーマン向け投資方法【はじめるまでを徹底解説】

https://autoinvest-rin.com/triauto-fx-businessman/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です