個人年金保険

変額保険の返戻率(運用成績)比較評価 ソニー生命の個人年金保険が最強です

こんにちは、琳です。

私はソニー生命の変額個人年金保険 世界株式型に加入しています。

子どもの学資保険に加入するついでに個人年金保険に加入した私ですが、結果として他社と比較しても満足できる商品を選択できたと実感しています。

今回は他社との比較結果を報告します。

変額保険とは?

変額保険では一般の保険資産とは明確に区別し、独立した「特別勘定」の中で管理・運用をおこなっています。
特定勘定は一般的に国内株式、世界株式、米国株式、債券などの運用商品からその割合を決めることができます。
私の場合は世界株式100%で運用しています。

 どんなタイプがおすすめ?

30代以下の方々には投資信託のようにリスクをとって運用できる商品がおすすめです。

やはりアメリカを中心とした全世界へ長期的に積立投資することで必ずプラスが見込めるからです。

一方で、50代以上の方々には元本を守る確率が高い商品をおすすめします。

短期的には保険会社の手数料が取られたり、リスクのある賞品だとインデックスの暴落が懸念されるからです。

今回は長期運用が見込める30代以下の方におすすめできる元本保証無しのタイプについて説明します。

代表的な変額保険会社の説明

今回は合計5社を比較しています。

Google検索で『変額保険、特定勘定』でヒットした会社を選定しています。

特定勘定がすぐに検索に掛からない会社は、投資運用ではなく元本保証型の運用をしていたり、公開できないような投資成績であるとの考えからです。

アクサ生命

【商品名】アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンク外国株式プラス型

【信託報酬】0.54%

【期間】2009/2-2018/10

【騰落率】10年で約+200%

【評価】いい指数の上昇傾向を示していますが、通常のワールドインデックスに近い傾向で特筆する点はありません。

【チャート】

f:id:autoinvest_rin:20181020223927p:plain

ソニー生命

【商品名】変額保険 世界株式型

【信託報酬】0.565%

【期間】1999/5-2018/3

【騰落率】約20年で+660%

【評価】ベンチマークであるMCSIワールドインデックスを大きく上回る指数騰落率を示しています。

【チャート】

f:id:autoinvest_rin:20181020225713p:plain

大同生命

【商品名】ダイドウの変額年金 個人変額年金

【信託報酬】不明

【期間】2001/1-2018/3

【騰落率】約20年で+80%

【評価】死亡保障などが付いていて手数料が高いのか、今回紹介する中で一番騰落率が低いです。保障が必要ない方には薦められないですね。

【チャート】

f:id:autoinvest_rin:20181020224417p:plain

ジブラルタ生命

【商品名】変額年金保険 ワールドミックス80(積極指向)

【信託報酬】不明

【期間】2002/9-2018/10

【騰落率】約20年で+140%

【評価】世界株式型ではありますが、債券や日本株も混じっているようで成績はあまりよくありません。

10~15年の運用で安定的な動きを好む方向けです。

【チャート】

f:id:autoinvest_rin:20181020224922p:plain

プルデンシャル生命

【商品名】変額保険

【信託報酬】0.68%

【期間】1999/11-2018/10

【騰落率】約20年で+150%

【評価】米国株式を採用しており、過去10年はソニー生命と同等の騰落率を示しています。

しかしなぜか20年でみるとソニーに及ばずの成績です。

【チャート】

f:id:autoinvest_rin:20181020223318p:plain

まとめ

以下の表に比較結果を整理しました。チャートを目測した概算です。

f:id:autoinvest_rin:20181021231549p:plain

長期的な騰落率の観点からソニー生命が最優秀です。

次点はプルデンシャル生命だが、長期的な騰落率でも経費率でも劣っています。

ソニー生命は余計な保障がないこと、モルガンスタンレーインベストメントマネジメントの投資助言のおかげで投資成績が良いことが勝因と推測します。

営業でも何でもないですが、ぜひこの優秀な個人年金をもっと広めていきたいです。

ソニー生命 世界株式型の投資先をまとめたものが以下です。

英米の優良企業に集中的に投資している機関投資家向けアクティブファンドに加入できます。

www.autoinvest-rin.com

ソニー生命 世界株式型と米国ETFであるVTI/VTを比較した結果です。

負けず劣らず非常に優秀な成績を示しています。

www.autoinvest-rin.com