トライオートFX

ニュージーランドドル(NZD)の各種指標との相関について

こんにちは、琳です。

私はNZD/USDの通貨ペアを買い運用していますが、最近のニュージーランドドルの下落傾向に対して含み損を積んでいます。

基本的にはほったらかし投資としたいのですが、本当の逃げ時や追加資金の必要性判断などリスクの高い投資には準備がつきものです。よって少しは知識を入れておこうとの考えに至りました。

本日はニュージーランドドルと各種指標の相関関係を示します。

ニュージーランド経済指標

ニュージーランドの主要経済指標は以下の通りです。

  • 雇用統計
  • 製造業売上高
  • 政策金利発表
  • 経常収支
  • 四半期GDP
  • 貿易収支
  • 小売売上高
  • 住宅建設許可件数
  • 消費者物価指数
  • 卸売物価指数

金利据え置きのニュースに影響して下落傾向が続いておりますが、個人的に乳製品価格とリスク指標に着目していきます。リスクオンの時には上昇しやすいというようなニュースをよく見るため、その根拠を確認していきます。

乳製品価格

乳製品価格データ自体がダウンロードできず、重ねたグラフが作成できませんでした。よってNZドル/米ドル10年チャートとGDT(Global Daily Trade;乳製品価格)の10年チャートを以下にそれぞれ並べます。

f:id:autoinvest_rin:20180914234833p:plain f:id:autoinvest_rin:20180914234818p:plain

全体的には似通ったグラフに感じますが、2013,2014年あたりはトレンドがずれていますね。ちょっとここのずれに関しての考察はできていません。

2016年以降の安定した領域では十分に相関がありそうです。

VIX指数

リスクオンの傾向になると上昇傾向を示すようです。新興国通貨の位置付けなので、リスクオフ時には主要通貨に流れる傾向があるとか。

リスクオン/リスクオフを示す指数として、VIX指数(恐怖指数)なるものがあることから、この指数とNSD/USDを比較した結果を以下に示します。

f:id:autoinvest_rin:20180914235440p:plain

オレンジのVIX指数が高まった時にはリスクオフとなり資金がNZDから他先進国通貨へ流れていきます。上記チャートからは確かにVIX指数は影響しているとも言えると思います。

まとめ

たしかにNZDはリスクオンの流れであることが理解できました。このままニュージーランドやオーストラリアへ集中投資しすぎる場合はリスクが高まるのではと感じます。今後は先進国の通貨への分散も徐々に検討します。