つみたてNISA

楽天銀行/楽天証券ハッピープログラムを最大活用し単月利3%を手取りましょう

私は給与の振り込みを生活用と投資用口座へ振り分けています。

投資用口座に振り込まれたものを、いまは主にインヴァスト証券(トライオートFX/ETF)へ投入しています。

この投資用口座として楽天銀行を使っています。この楽天銀行は取引が多いほど優遇され、手数料無料回数が増えます。毎月無料回数を確保する仕掛けについて述べます。

振込み手数料やATM手数料無料回数を増やすには?

手数料無料回数を増やす手法は以下の通りです。

  1. ハッピープログラム対象取引を月30件
  2. お預かり資産残高300万円以上
  3. ローン利用
  4. 給与・賞与受け取り

このうち1~2を達成すると、以下図のように無料回数を最大にできます。

f:id:autoinvest_rin:20180915205555p:plain

どれを達成するかといっても、3.のローンは論外ですね。
また2.のお預かり資産300万円も投資に回したい現金が塩漬けになってしまいます。
したがって1.の説明をします。

どうやってハッピープログラム対象取引を稼ぐか?

対象取引を稼ぐための手段は以下の通りです。

  1. 楽天証券で最低2つの銘柄に毎日100円ずつ自動積み立て設定を行う。ちなみに私は積立てNISAで積み立てています。(米国経済を信頼しておりますので、楽天全米株式インデックスとiFreeS&P500です)
  2. 楽天証券の保有現金はゼロにしておく。
  3. 楽天証券と楽天現行とのマネーブリッジサービスを登録する。
  4. ハッピープログラム対象取引が勝手に貯まる

1.で設定した積立てが毎日実行されるたびに楽天証券口座の買付余力がゼロとなり、
マネーブリッジの機能で自動的に『他行口座への振込み』というハッピープログラム対象取引が実行されるからです。

ハッピープログラム対象取引を行うメリット

たとえば、積立てNISAの年間買付余力上限近くの月間約30,000円積立てるとします。

30,000 [円/月] = 20 [営業日/月] ×15 [銘柄] × 100 [円/日・銘柄]

つまり20×15 =300回の対象取引を積み上げることができ、

スーパーVIP会員になると、300回 × 3倍 =月間900楽天ポイントにもなります。

f:id:autoinvest_rin:20180915205707p:plain

月単利3%ってけっこうすごいことかなと思います。コンビニ等食費の節約になりますよ。

一旦ポイントを獲得し、銀行の取引回数も引き上げてしまえば、
購入した株や投資信託を現金化して所望の投資口座へ回してしまっても良いわけです。

まだこの仕掛けを作っていない人は、ぜひ試してみてください。