個人年金保険

2018年7月時点での個人年金保険の評価損益は+500円でした

2018年3月から運用中の個人年金保険(ソニー生命)についての運用実績を報告します。

全体の評価収益

評価損益:+500円/年

f:id:autoinvest_rin:20180816191430j:plain

黒い折れ線で示すように、指数の上昇に伴って変動年金額も増加しています。

契約時の想定である利回り3.5%を上回ると、想定の金額(60歳から15年間、月5万円を年金として受取る)を超えた金額を受領できることとなります。

運用方針

32歳から満60歳まで月額約15,000円を積立てていく予定です。(元本約450万円)

仮に年利3.5%で運用できた場合は、これが900万円の受取りになる計画です。(15年間、毎年60万円=月5万円のインカム)

想定の年利3.5%を超える運用ができれば、さらにプラスとなるわけです。

いいお小遣いだと思います。

 

詳細は今後まとめていきますが、私は世界株式型というタイプに全額投資を行っています。この運用に関してはモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社を投資助言会社に据え、米国や英国の世界的な優良企業を選定しポートフォリオを組んでくれています。

年間約0.5%ほどの運営費用が控除されますが、MSCIワールドインデックスを大きく上回るインデックスを取り入れる点が魅力です。

また、変額保険の保険運用コストについても今後調査していきたいと思います。

個人年金保険とは?

ソニー生命の個人年金保険の説明は以下を参考にしてください。

ソニー生命の個人年金保険は世界の優良企業に分散投資できるアクティブファンド